きくらげ工場を見学

きくらげ工場を見学

とても珍しい生きくらげと、国内産を見ることはなかなかない乾燥きくらげ。この肉厚でプリプリコリコリのきくらげはどんなところでどんな風に栽培されているのでしょうか?

❶おがくずを撹拌して培地作り

 

1_ogakuzu

おがくずに栄養分と水を加え十分に攪拌(かくはん)して培地を作ります。農薬は一切使用していません。

❷おがくずをきくらげ専用袋に詰める

 

2_ogatsume

十分に混ざったおがくずを、きくらげ用の袋に詰めます。

❸殺菌し、クリーンな培地に。

 

3_sakkin

高圧殺菌釜で殺菌し、クリーンな培地にして植菌に備えます。

❹クリーンルームで植菌する

 

エアーシャワー

クリーンルーム内で培地にしいたけ菌を植菌する。

❺培養室内で培養

 

4_baiyou

クリーンルーム内で培地にきくらげ菌を植菌し、温度・湿度・光が管理された培養室で、菌糸が十分に行き渡るまで培養します。

❻きくらげを成長させる

 

5_kikurage_kanri

熟成された培地のビニールに切れ込みを入れ、きくらげを成長させます。

❼開花したきくらげを丁寧に梱包

 

6_kikurage_saibai

きくらげは光・温度・湿度が最適な条件下で育てられます。見事に花開いたきくらげは、一株一株丁寧に切り取り、梱包されます。

❽収穫後の培地は有効に再利用

 

7_sairiyou

収穫後の培地はビニール袋を取り除き、家畜の敷き藁や堆肥として有効に再利用されます。

TO TOP