❶おがくずを撹拌して培地作り

きくらげ工場を見学

ogakuzu_kakuhan原料はオガクズ、おから、ふすま、ホミニフィード(コーン)、石灰、水です。オガクズは国産の広葉樹(ナラ、カエデ・ブナ・クルミ・サクラなど)で、きくらげ菌が好むオガクズを使用しています。きくらげ菌はしいたけ菌よりも繊維質が柔らかい木を好むと言われています。

おがくずこれらのオガクズ~ホミニフィード(コーン)は栄養体として加えます。大豆の栄養分を利用する為、おからを使用。大豆、ふすま、ホミニフィード(コーン)は外国産の遺伝子組み換えをしていない厳選した素材を使用しています。菌床が発酵し酸化するので少量の石灰を加え、pH調節をしています。水はしいたけの菌床よりやや多めに加えます。培地になる国産原料は、すべて放射能検査を実施しています。

きくらげポイント01

TO TOP